「会員の活動」カテゴリーアーカイブ

【2016年1月30日】パンフレット「ツタヤ図書館」の“いま” 発表


図書館友の会全国連絡会では、『「ツタヤ図書館」の“いま”』というパンフレットを作成いたしました。

pamph-tlib-now-tops

この「ミニパンフレット」の趣旨

○まずは知ろう
賛否両論が渦巻く「ツタヤ図書館」が全国の自治体に広がろうとしています。そうしたなか図書館としてのあり方論議を超え、地方自治そのものが問われるまでになりました。
「ツタヤ図書館」がなぜこれほどまでに騒がれるのか?ここでは「ツタヤ図書館」の現状をごく簡単にお伝えすることで、なぜ大きな話題となっているのかを理解する糸口を掴んでもらうことを目的としています。

全文PDFを公開しています。本文書の趣旨をご理解の上、当会の著作権を尊重した適正なご利用をお願いいたします。

>> 「ツタヤ図書館」の“いま” (全文PDF)※公式サイトへ

「ツタヤ図書館」の“いま” 9章 ≪出典≫掲載リンク集

〔注1〕○議会リポート(図書館問題速報(第2弾)山口良樹後援会発行)
〔注2〕○図書館総合展「”武雄市図書館”を検証する」全文(樋渡啓祐市長、糸賀雅児教授、CCC高橋聡さん、湯浅俊彦教授)−激論、進化する公立図書館か、公設民営のブックカフェか?

【1】
○武雄問題文書館−資料室
○ツタヤ図書館関連メディア報道一覧
○たけおポータル 予算・財政状況

【2】
○武雄市図書館・歴史資料館を学習する市民の会
○武雄市歴史資料館
○武雄市図書館

【3】
○【武雄市図書館選書】市教委「図書購入費を削り、本の落下防止対策費に」樋渡前市長は「関知せず」
○東野圭吾の小説『手紙』は手紙の書き方コーナーに 海老名TSUTAYA図書館の怪

【6】
○文化通信 2015年10月26日(立ち読み)
○CCC−事業概要
○TRC-運営実績

【9】
○学校図書館の整備充実に関する調査研究協力者会議

【参考】
○CCCの運営する図書館(通称「TSUTAYA 図書館」)に関する問題についての声明
○カフェのある図書館マップ(東日本版西日本版
○図書館と大型書店を融合した文化・交流施設『OKEGAWA honプラス+』

※〔注1・2〕【番号】は、それぞれパンフレット中の注記および章番号です。本文も併せてお読み下さい。

2014年総務副大臣面談報告書


<2014年総務副大臣面談報告書>

日時: 2014年10月30日 午後3時25分から3時40分
場所; 総務省副大臣室
面談者;総務副大臣 二之湯智参議院議員
図友連;AK・IK・IS・G・S・Y・FK(図友連代表)・FN(事務局)
※ネット掲載にあたり、図友連側の氏名を個人情報保護の観点によりイニシャルのみとさせていただきます。ご了承ください。

図友連代表より図友連の組織の説明があり、本日は北海道を始め全国からこの場に参加しているとメンバーの紹介があった。

二之湯副大臣:
北海道には図書館のことを頑張っている市長さんがいるがどこだったかとの問いかけに、恵庭市と参加者より声が上がった。二之湯副大臣は参議院京都選挙区だが、滋賀県選挙区の二之湯武史参議院議員はご子息であるとの話から、参加者より滋賀県には素晴らしい図書館が多いとの話が出た。

続いて図友連代表より要望書項目の説明、武雄市図書館の問題(武雄市図書館をモデルとした図書館が全国に出てきている)についての説明を行う。「住民生活に光をそそぐ交付金」は継続してほしいと要望をした。

二之湯副大臣:
皆さんの理想の図書館はどういうものなのか。私は生きるに役立つ図書館でないと、と思っている。これからは図書館を使うことを知らなければならない。その為には 学校図書館を充実していかなければならないと思う。

(文責 FN)

■公立図書館の振興を求める要望書(総務省宛)

■2014年総務副大臣面談報告書(PDF)

■2014年総務省要望書文書回答
2014soumu-mendan-ans

【2014年11月9日】図書館シンポジウム “ツタヤ方式”の図書館ってどうなの? 今求められている図書館とは?


図書館シンポジウム “ツタヤ方式”の図書館ってどうなの? 今求められている図書館とは?図書館シンポジウム
“ツタヤ方式”の図書館ってどうなの?
今求められている図書館とは?

講師 森下芳則氏
(元田原市図書館長)
◆他にパネリスト数名

11月9日(日)13:30~
あさひホール
(名鉄小牧駅下車 西側徒歩2分 ラヒオ5F)

山下市長のマニフェストに「大型プロジェクトは市民の意見を良く聞き、長期的視点に立って、ゼロから再検討する」となっていますが、実際は市民の意見を聞かず「独断で図書館建設」を進めようとしています。図書館の役割を考えるシンポジウムを行います。市民一人ひとりが「学びあって共にまちづくり」を考えましょう。

参加は自由で無料です。
定員306名(内 車いす4席)
定員になり次第締め切ります。

<問い合わせ>
小牧の図書館を考える会
世話人代表 稲垣美佐代
電話・FAX 0568-76-8447